TEDDYBOYROCKER.COM TEDDYBOYROCKER.COM - FROM JAPAN


TEDDY BOY & TEDDY GIRL


Teddyboy :
Teddyboy とは、1950年代初期に生まれたイギリスで(世界で?)最初のストリートスタイル(ファッション)で若い労働者階級のギャング達をマスコミがそう呼んだのが始まり。1950年代後半には、Rock'n'Roll と結び付きイギリスの Rock'n'Roll の象徴的存在として現在まで続いている文化である。


Teddyboy & Teddygirl Style :
トレードマークであるエドワード 7世のような、襟と袖口がベルベットで丈の長いジャケット "Drape Jacket"、細いパンツ"Drainpipe"、派手な色のソックス、細いネクタイ又はループタイ"Slim Jim Tie & Bootlace Tie"、靴は、日本でラバーソールと呼ばれる"Crepes"又は先の尖った靴やブーツ"Winkle Pickers"というスタイルは、少しづつ変化しながらも基本的に変わること無く続いている。 

パンクファッションのイメージが強い鋲付きのリストバンドやベルトも、本来はナイフやチェーン同様武器としてTeddyboy が身に付けていたものである。

ちなみに、モミアゲは"Sideburns"、ダックテールのことを"D A"(Ducks Arse)、リーゼントのことを"Quiff" と言う。

 60年代の Rocker の出現以降は Teddyboy も普段着として Leather Jacket を愛用するようになり(Donkey Jacket を着用する人も多い)現在では高価なDrape Jacket は、 Teddyboy の正装としてライヴやイヴェントに限って着用される事が多いようだ。

 Teddyboy のスタイルには大きく分けて、2種類ある。 派手な色使いにBritish Quiff と呼ばれる激しい髪形の「70’sスタイル」と、黒やダークグレーの地味な色の上下(又は、3ピース)にネクタイと言う 50’s スタイルの「Edwardianスタイル」がある。

しかし、これと言った決まりがある訳でもないので最終的には好みだと思う。

Teddygirl については、基本的にアメリカの50’sファッションと同様で、 Teddyboy のようなトレードマークと言えるファッションは無いが、あえて言うなら"circle skirt"の丈は短めのようである。



Teddyboy Band :
Teddyboy Band の出現は1960年代後半で、それまで"Elvis" や "Cliff Richard"等のRock Star 達の音楽を聞いていたTeddyboy の中からパブ等で自らRock'n'Roll を演奏する連中が現れた。 70年代に入りその数は、一気に増えていく。
"Crazy Cavan & The Rhythm Rockers"、 "Flying Saucers"、 "The Riot Rockers"、 "Freddie 'Fingers' Lee" "Matchbox" 等‥、現在でも活動しているこれらのBand がTeddyboy Music を世界に広める役割も果たした。

現在、世界中にTeddyboy Band は存在していて、その音楽スタイルも多種多様である。

Teds Forever !!
The Crazy Teds / Hiroo Takahashi

Copyright (C) TEDDYBOYROCKER.COM